時間焼入れ(じかんやきいれ)     [s10]

【用語の意味】
焼入れ中に、水や油などから一時引き上げるなどで、冷却速度を調整する焼入れ方法。段階焼入れ、中断焼入れなどと同じ内容。 硬さ、変形などの調整のために行われる。
【補足説明】

変態時の長さの変化
この図は(a)→(b)→(c)→(d)の順で冷却時の速度を速めた時の長さ変化を示すが、(c)(d)では焼入れによる硬化を示す長さ変化が見られ、「G」点付近がマルテンサイト変態が起こる「Ms点」といえる。これは小さな試験片によるものとみられるが、通常の品物では、各部の冷却速度が異なっており、Ms点にかかるタイミングが異なり、それが「変形」や硬さの違いになって表れるために、冷却速度を変える操作をして、硬さ、変形などを制御しようとして冷却槽から途中に引き揚げるなどの操作をする焼入れ方法を時間焼入れという。

当社では、水冷と油冷を併用する方法や、水冷や油冷途中でいったん冷却槽から引き上げる方法などを行う。
恒温槽(ソルトバス)を利用する方法は熱浴焼入れ、オーステンパーやマルクエンチなどと別の言い方をしている。


↑記事のTOPに戻る