時間焼入れ(じかんやきいれ)     [s10]

焼入れ中に、水や油などから一時引き上げるなどで、冷却速度を調整する焼入れ方法をいいます。
段階焼入れ、中断焼入れなどと同じ内容。 硬さ、変形などの調整のために行われます。

スポンサーリンク


変態時の長さの変化

この図は(a)→(b)→(c)→(d)の順で冷却時の速度を速めた時の長さ変化を示していますが、(c)(d)には、焼入れによる硬化を示す長さが+になる変化が見られます。「G」点付近がマルテンサイト変態が起こり始める「Ms点」になっているといえます。

これは小さな試験片を用いて試験されたものですが、通常の品物では、各部の冷却速度が異なっており、冷却中の間には、熱の不均一さやMs点にかかるタイミングが異なっているために、それが「変形」や硬さの違いになって表われます。

それを緩和するために、冷却速度を変える操作をして、冷却槽から途中に引き揚げたり、冷却を中断したりして、内部の熱を利用して外内部の温度差を緩和する焼入れ操作を時間焼入れといいます。
これをすることで、硬さのばらつきや変形などを制御します。

当社では、水冷と油冷を併用する方法や、水冷や油冷途中でいったん冷却槽から引き上げる方法などを行っています。

恒温槽(ソルトバス)を利用する方法は時間焼入れとは言わないで、熱浴焼入れ、オーステンパーやマルクエンチなどという、別の言い方があります。


↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る