マルテンサイト       [m07]

【用語の意味】

鋼を焼入れしたときに生じる硬い組織で、元のオーステナイトと同様の化学組成の体心立方または体心正方晶の組織。焼入れ冷却中では温度低下に伴い生成量が増す。生成し始める温度をMs点という。

【補足説明】
しばしば熱処理操作の説明で、「焼入れの冷却時は、パーライトなどの生成を抑えるためにMsまでは早く冷却し、Ms点に達してからは、焼割れや変形を抑えるために、ゆっくりと冷やす」・・・というように解説される。

焼入れによって生じた硬いマルテンサイトは脆いために200℃程度の焼戻しすることでじん性が向上する鋼種が多い。焼入れのままのマルテンサイト組織はナイタールなどの通常用いる腐食液では十分に腐食されにくいので、王水などを用いて観察するが、焼戻しした状態のマルテンサイト組織は焼戻し温度が上がるにつれて腐食されやすくなる。すこし腐食されやすくなったものを「焼戻しマルテンサイト」といういい方をされる場合もある。(文献などでは、電子顕微鏡による組織の違いなども紹介されている)
SK85などでは焼入れのままでは64HRC程度のものが62HRC程度に低下するが、そのほうがじん性が付与されていることで製品は長寿命になる場合が多いとされる。
余談だが、「硬さが高いほうが
強い」と説明されるのは、おおむね55HRC程度までの話と考えていたほうがいい。測定したことはないが、圧縮強度は高いかもしれない。しかし、硬い硬さになると、引張強さは硬さに比例しなくなるし、むしろ低下する。じん性も低くなり、さらに破壊に敏感になり、単純に破壊する。経験的な言い方だが、高硬さにするほうがいいと思い込まないで、この場合は、使ってみて評価(実物評価)しないといけないと考えている。

↑記事のTOPに戻る