オーステナイト         [a22]

【用語の意味】

γ鉄固溶体を言い、鋼をこの状態に加熱してから焼入れなどの熱処理操作をします。
焼入れ後に鋼中に残ったオーステナイト組織を残留オーステナイトといいますが、オーステナイト系ステンレスは固溶化処理をすることで常温でもオーステナイトの状態になっており、比較的軟らかく、耐食性に優れます。

【関連する用語】
残留オーステナイト 
【補足説明】 

鉄-炭素2元系平衡状態図
WEBから引用した平衡状態図で説明しましょう。この図の中段左側のγ固溶体がオーステナイトで、例えば、1%Cの炭素鋼の1000℃の状態は「オーステナイト」の状態になっています。
オーステナイトは面心立方晶ですが、ごくゆっくり冷やした常温での状態の鋼は体心立方晶になっています。
【注意】この図では焼入れしてできるマルテンサイトや、ゆっくり冷やした時のパーライト、ソルバイト、残留オーステナイト・・・などの常温における組織の状態と平衡状態図とは関係ありませんので、この図では説明できません。この図は、単に、ある成分の鋼の、ある温度での「状態」を示しているだけです。

通常、鉄-炭素2元系の鋼では、常温のオーステナイトは存在しないませんが、焼入れ性を高める合金元素(Mn、Niなど)が増やすと、焼入れ後にオーステナイトが残ります。この残留オーステナイトは結晶粒界に残る場合が多いのですが、オーステナイト系のステンレスなどはオーステナイト化温度から急冷する固溶化処理(溶体化処理)で、全部が常温でオーステナイトの状態になっています。
オーステナイトは比較的柔らかい組織で、耐食性に優れています。


↑記事のTOPに戻る