パーライトノーズ        [h03]

【用語の意味】

恒温変態曲線で、パーライトに変態する時間が短い部分。充分に硬化させるには、焼入れ温度から冷却するときに、パーライトノーズにかかってパーライトが生成しないような速度で冷却する・・・というように説明される。


【補足説明】

共析鋼のS曲線恒温変態曲線(S曲線)の例

S字状に左側に飛びさした部分をパーライトノーズという。この図は共析鋼の例で恒温変態を説明しているが、通常の焼入れでは、そのまま温度を下げて、Ms~Mfを経過して常温まで温度を下げることで非常に硬いマルテンサイトになり、65HRC程度と非常に硬くなる。すなわち、約1秒で550℃以下に冷却しないと、パーライトという軟らかい組織が増えて、焼入れ硬さが低下する。
焼入れ速度と硬さの関係はCCT曲線で示される。
CCT曲線の例CCT曲線の例
(1)→(2)→(3)→(4)のように冷却速度が遅くなると硬さが低下する。この(1)~(4)には通常ビッカース硬さ(HV)が示されている。赤線の先端の左端がパーライトノーズに対応している。
品物が大きくなると、一部は(1)(2)でマルテンサイト化するが、中心部などは(2)~(3)の冷却速度になるために中心部では硬さが出ないし、マルテンサイトではないトルースタイトなどの細かいパーライト組織になっているということがこの図からわかる。


↑記事のTOPに戻る