オーステンパー       [a25]

焼入れ冷却時に、ソルトバスなどの恒温槽を用いて、パーラートノーズ温度以下からマルテンサイト化温度までの温度に保持して変態させ、その後に空冷する熱処理法で、強靭性付与効果などがあります。



CCT曲線の例
この図はS曲線といわれるもので、品物を800℃から300~400℃のソルトバス中に焼入れし、そのまま保持してベイナイト変態が完了するまで恒温保持して、その後常温にした時の組織の状態が書かれています。

オーステンパーは、このような恒温で変態させる方法を利用して均一なベイナイト組織にすることで、硬さやじん性を調整する方法であるといえます。

上図のS状の左に飛び出した部分を「パーライトノーズ」と呼び、この処理では、冷却中にその線にかからないように冷却する必要があります。

この図では550℃のノ-ズの温度までを1秒程度で冷やす必要があるので、小さな品物でないとこの処理はできませんが、高炭素鋼や合金鋼ではパーライトノーズが右の長時間側に寄るので、この処理をすることができます。

恒温に保つ温度の違いによってベイナイト組織は変化し、温度が低めになるほどマルテンサイトの性質に似てきますし、等温変態させるまでの時間がかかるようになる傾向はありますが、完全に等温で変態するまで保持するのではなく、目的組織になるように適当な温度に適当な時間を保持してから、その後に空冷するなどのいろいろなバリエーションによる処理も行われます。

これらの恒温処理は、通常の熱処理炉では難しいので、この検討はあまり進んでいませんが、熱間圧延などの工程に組み込んで恒温処理する方法などが検討されています。

これらの恒温処理は、恒温槽が必要なために、通常の炉では難しいのですが、擬似的にこれを行うことで、じん性の向上や焼入れ歪の調整などを行うことの可能性があるために、一部の炉メーカーでは検討されているという情報も聞いています。

【熱浴焼入れとオーステンパーの違い】
高速度工具鋼の焼入れで550℃程度の熱浴(ソルトバス)に焼入れする方法も慣用的に「オーステンパー」と称する人もいます。しかしこれは、等温保持した後に空冷してマルテンサイト変態させるためのものなので、「熱浴焼入れ」と呼ぶのが適当といえます。



↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る