熱浴焼入れ (ねつよくやきいれ)    [n13]

【用語の意味】

温度を上げた溶融塩などに浸漬して焼入れする方法。ソルト焼入れ。ソルトバスを使うと、オーステンパーなどの恒温熱処理も可能。


【補足説明】

焼割れや変形を軽減するために、「ホットオイル」と呼ばれる、耐熱性の高い焼入れ油を使って焼き入れする場合があるが、300℃を超えた温度にするのは危険であるので、通常はソルトバスを使った焼入れという意味。

これを用いるのは、冷却途中の温度に保持することで変形や割れを防ぐ以外に、オーステンパー、マルクエンチ、マルテンパーなどの恒温熱処理のために行われる。
しかし、当社の従業員でも熱浴焼入れとオーステンパーなどの恒温熱処理を混同して会話をしていることがある。

厳密な違いを言えば、オーステンパーも熱浴焼入れも、焼入れ温度からソルトなどを用いて「パーライト変態しないような温度(例えば550℃など)」に保持するまでは同じだが、オーステンパーはその温度に保持してオーステナイトから他の組織に変態させるもので、変態後は、冷却時に組織が変化しない。

これに対して、熱浴焼入れは高速度鋼(ハイス)のソルト焼入れで通常行われているものであり、ソルト中に入れた品物の温度が同一になるまでそこに保持した後に取り出して空冷する操作である。この場合は、温度が低下する間に変態を完了してベイナイトやマルテンサイトになって焼入れ硬化する。

両者には大した違いがないとも言えるが、正しくこの違いを知らなければ、ソルトの温度を変えるとどうなるのか、ソルトから取り出したあとはどのように冷却すればいいのかなどがわからないだろう。

ソルトバスは今後は消えゆく熱処理設備と思うが、この恒温保持や恒温処理は様々な新しい性質を持った製品を生み出す可能性を含んでいる。熱処理講習などでは、オーステンパー、マルクエンチ、マルテンパーなどの原理や方法を説明されているだけであるが、様々な特徴を持った鋼板製造などではさらにこれらの技術が応用されていくことになるのだが、近年はあまりそういう研究が行われていないのが残念なことである。


↑記事のTOPに戻る