マルクエンチ        [m06]

【用語の意味】

焼入れ時に、マルテンサイト化する温度直上の温度の塩浴などに急冷してその温度になった後に空冷するなどで、ゆっくりマルテンサイト化する方法。近年は、マルテンパと同意で説明される。焼割れや変形防止が目的。

【関連する用語】

 マルテンパ  オーステンパー  恒温熱処理     

【補足説明】
恒温処理の説明図 この図は、ソルトバスなどを利用して行う恒温処理を説明するための図である。
焼入れ温度QTempから焼入れして、時間軸と平行になる温度に品物を保持した後に空冷する時の温度と時間経過を示しているが、AT**と書かれているのがオーステンパー、MQがマルクエンチ、MTがマルテンパーを示している。
MQとMTはマルテンサイトが生じる温度(Ms)に関係しており、Ms直上の温度で保持するか(MQ)、いくらかマルテンサイトが生じる状態の温度に保持するか(MT)の違いで、近年では、それらを区別していない書物も多い。
MQ・MTの目的は、焼割れや変形の防止で、特に異形の品物では焼入れ冷却中に各部の温度が異なっているのを均一にしてマルテンサイト変態させるものであるが、実際的には、焼き入れたときの硬さは、油冷の場合よりも低くなる。これは、ソルトバスの冷却が油冷より遅いことの理由も含まれる。

↑記事のTOPに戻る