ソルト熱処理(そるとねつしょり)        [s35]

【用語の意味】
塩浴を用いて、それに鋼などを浸漬して加熱や冷却を行う熱処理。塩浴熱処理。
【補足説明】

ソルトとは、各種の中性塩(えん)を混合して融点などを調整した熱処理剤をいい、加熱や焼入れ時の冷却、焼戻しなどの熱処理に使用される。塩浴槽はソルトバスとも呼ばれる。
これを用いて加熱すると、加熱中に空気に直接触れないために、無酸化熱処理ができる。熱処理用には、150℃~1300℃程度の熱処理用にいろいろな種類のソルトが使用される。
 ソルトバスで加熱中高温用ソルトバス 第一鋼業
800℃以上に加熱するソルトは、鋼の種類によっては脱炭することがあるので、いくら中性塩であっても、脱炭に対する管理は必要である。


↑記事のTOPに戻る