拡散焼なまし(かくさんやきなまし) [k07]

【用語の意味】

ソーキング。製鋼時に高温のオーステナイト状態で加熱して、均質化を図る方法。

スポンサーリンク


【補足説明】

市販の鋼はいろいろの元素をふくむ多元系ですので、単に元素を混ぜればいいというものではなく、製造過程で鋼材の特性を左右させるいろいろな項目や条件があります。その一つに、鋼の溶湯から凝固する過程で生じる不均一さがありますが、鋼塊になったのちに、それを軽減する方法の一つに拡散焼きなまし(ソーキング)があります。

その方法は、鍛造温度以上のオーステナイト領域の高温に保持することで、不均一状態の組織や成分を拡散させて軽減させる方法ですが、さらに鍛造(圧延)などの熱間加工によって結晶粒の調整を経て均質な鋼が製造されます。

熱処理の焼なましの種類としては、完全焼きなまし球状化焼なまし応力除去焼なまし・・・などがありますが、これらは、硬さを下げたり加工しやすくする熱処理であるのに対して、この拡散焼きなましだけは少し違った熱処理ですが、焼なましという言葉になっています。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る