球状化焼なまし (きゅうじょうかやき~)  [k26]

【用語の意味】
炭化物を球状化させて、焼なまし硬さをより低くし、加工性などをよくする焼なまし。
【関連する用語】
 完全焼なまし  焼なまし
【補足説明】

完全焼なましによって鋼は機械加工しやすいように十分に柔らかく、結晶粒が調整された状態になるが、共析組織(フェライトとセメンタイトが層状のパーライト組織)部分の炭化物を球状にすることで、さらに柔らかい均質な鋼にするための焼なましを「球状化焼なまし」という。

長寿命が要求されるベアリング鋼(SUJ2など)は球状化されている割合を規定されるなどもあり、完全焼なましでは十分遅い速度で炉冷(炉内冷却)するだけでいいが、それを球状化するためには、A1変態点付近で微妙な温度操作をするなどの操作をして球状化させる。

高合金鋼の多くは、完全焼なましによって球状化するものが多く、高合金工具鋼での「焼なまし」は最も硬さが低くなる方法をとられていると考えてよい。

しかし、近年、高耐磨粉末ダイス鋼などの高炭素高合金鋼では、焼なまし硬さが300HB以下には低下しないものもあり、これらは硬い炭化物が多いことによるものであるので、非常に機械加工がしにくいので注意する必要がある。

共析鋼の焼なまし組織例 共析鋼の完全焼きなまし組織(例)
共析鋼の球状化焼なまし組織例 共析鋼の球状化焼なまし組織(例)

↑記事のTOPに戻る