熱処理用語の解説のロゴ

クライオ処理    [k37]

サブゼロ処理のうち、特に、液体窒素などを用いて-100℃以下に冷やす処理をいい、「超サブゼロ」ともいわれています。

(注)熱処理のクライオ処理は、「クライオジェニクス」と呼ばれるヘリウムやアルゴンガスを用いた超低温操作とは異なります。


0℃以下の温度に熱処理をすることは一般的に、サブゼロ処理深冷処理といいます。

サブゼロ処理を行なう大きな目的は、①焼入れ硬さを上昇させる ②経年変化を防止する・・・などがあり、通常は-50℃程度でもその目的が得られる鋼種が多いことから、電気冷蔵庫、液化炭酸ガス、ドライアイスなどを使って、焼入れ後ただちに-70℃程度の低温に処理されることが多いようです。

クライオ槽

しかし、このクライオ処理は超サブゼロ処理といわれるように、一般的には炭酸ガスでの冷却温度(-75℃程度)を超えた-100℃以下の処理をさします。

鉄鋼の熱処理では、比較的安全で安価な液化窒素を使って-150℃程度から-180℃程度で処理することが多いようです。

この処理の目的は、サブゼロ処理と同様の効果だけではなく、金属での「耐摩耗性の増大」や「寿命増大(延長)」といったものがあるとされています。

これらを特殊な温度サイクルで処理することによって、特許になっている処理もあるのですが、詳しい効果や性質が向上するの原因となる事象はよくわからない状態です。

私が勤務していた第一鋼業(株)では、昭和年代末期からこれらの性質や寿命について実機を含めてテストしていましたが、「有意性は見られないものの、まったく効果がない・・・とは言えない」ものです。つまり、はっきりとはわからない状況です。

この研究は各所で、さらに、学術的な検討も行われていますが、同様に「よくわからない状況」のようです。

さらに、WEBの記事の中には、金属製品の寿命延長以外で、「音質が向上した・・・」という内容の記事が見られます。

第一鋼業(株)でもこれらの実験をしましたが、人間の感覚による評価となると、フラシーボ効果のようなものが出たり、年齢差や感性などがあって、いろいろ難しい問題があります。

オーディオに興味があり、耳に自信のある方は、やってみると面白いかもしれません。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)R2.3 見直し   R2.4 CSS変更   最終R3.8に見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


その他の記事

鋼の熱処理について バナーリンク

熱処理ブログ バナーリンク

ソルトバス熱処理 バナーリンク

せん断刃物技術の基礎 バナーリンク


↑記事のTOPに戻る