クライオ処理           [k37]

【用語の意味】
サブゼロ処理のうち、特に、液体窒素などを用いて-100℃以下に冷やす処理。 超サブゼロともいわれています。
【補足説明】

0℃以下の温度に熱処理をすることをサブゼロ処理深冷処理といいます。この目的には、焼入れ硬さを上昇させる、経年変化を防止する・・・などがあり、電気冷蔵庫、液化炭酸ガス、ドライアイスなどを使って焼入れ後ただちに-70℃程度の低温に処理されることが多いようです。

クライオ槽クライオ処理は超サブゼロ処理といわれるように、一般的には炭酸ガスでの冷却温度を超えた-100℃以下の処理をさします。

熱処理では液化窒素を使って-150℃程度から-180℃程度で処理することが多いようです。

この処理の目的は、サブゼロ処理と同様の効果以外に、金属では耐摩耗性の増大や寿命増大といったものがあるようです。特許にかかる処理を謳っているものなどもあるものの、詳しい効果や現象はよくわからない状態です。

当社でも昭和年代末期からこれらの性質や寿命について実機を含めてテストしていましたが、「有意性は見られないものの、効果がないとは言えない状況」で、様々な学術的な検討も行われていますが、同様に「よくわからない状況」のようです。

WEBの記事には金属製品の寿命延長以外にも音質が向上した・・・などのいろいろな話題が上がっています。


↑記事のTOPに戻る