超サブゼロ   (ちょうさぶぜろ)     [t09]

【用語の意味】
クライオ処理。 一般には、-100℃以下の温度での深冷処理。
【関連する用語】
  サブゼロ処理   深冷処理
【補足説明】

熱処理では液体窒素を使った-180℃程度まで品物を冷やす処理をいう。クライオ処理とも呼ばれる。これに対して、通常のサブゼロ処理は液化炭酸ガスやドライアイスを用いて0℃以下-75℃程度までの温度で処理するものをさす。
クライオ処理装置

クライオ処理ではアルゴンなどの窒素以外の液化ガスは高価なために、熱処理用途ではほとんど使用しているのを聞かない。

サブゼロ処理は焼入れしたときに残っている未硬化の残留オーステナイトをMf点(マルテンサイト変態が完了する温度)以下に冷やすことでそれを低減しようというのが主な目的で、この目的では、焼入れ直後の焼戻し前にそれを行うことで効果が出る。

焼入れ時に残留オーステナイトが多い鋼では、これによって、硬さの上昇、経年変化の減少につながっている。

これに対して、超サブゼロは-100℃以下の温度にする処理で、通常のサブゼロ処理と区別されている。

これを焼入れに引き続いて焼戻し前に行うと、通常のサブゼロ処理と同様の効果は得られるが、それとは別に、「焼戻し完了後に超サブゼロ処理を行うと製品寿命が増加する」という効能を謳うものがある。これについては特許などもある。

当社を含めて、いろいろと試行錯誤をされているが、明確に、また科学的に、その理由もはっきりしていない。また、当社でも安定した性能(寿命延長)も確認されない。
しかし、極限寿命を求める製品において、鋼種追及とその熱処理改善は永遠の課題であり、当社でもこれの試行を続けているのが現状である。


↑記事のTOPに戻る