超サブゼロ   (ちょうさぶぜろ)     [t09]

クライオ処理ともいいます。 
一般には、サブゼロ処理(0℃以下の熱処理)のうちで、-100℃以下の温度で行う深冷処理(冷却処理)をいい、液化炭酸ガスを用いる-70℃程度のサブゼロ処理と区別されています。



熱処理では液体窒素を使った-180℃程度まで品物を冷やす処理を超サブゼロ処理といいますが、クライオ処理と呼ばれる事も多いようです。

これに対して、通常のサブゼロ処理は液化炭酸ガスやドライアイスを用いて0℃以下-75℃程度までの温度で処理するものをさしています。
クライオ処理装置

クライオ処理には、液化窒素ガスが用いられることがほとんどで、アルゴンなどの窒素以外の液化ガスは高価なために、一般熱処理の用途ではほとんど使用されることがありません。

サブゼロ処理は焼入れしたときに残っている未硬化の残留オーステナイトをMf点(マルテンサイト変態が完了する温度)以下に冷やすことでそれを低減しようというのが主な目的で、この目的では、焼入れ直後の焼戻し前にそれを行うことで効果が出ますが、超サブゼロ処理でも、残留オーステナイトの現象や硬さの上昇があります。。

もちろん、超サブゼロ処理を焼入れに引き続いて(焼戻し前に)行うと、通常のサブゼロ処理と同様の効果は得られます。
しかし、それとは別に、「焼戻し完了後に超サブゼロ処理を行うと製品寿命が増加する」という効果があるというデータなどで、特許となっている処理方法もあります。
あるアメリカのメーカーの記事には、「特殊な温度パターンで処理を行うと、硬さの上昇無しで寿命が増大する」と書かれています。

このような未知の可能性があることから、当社もそうですが、超サブゼロには、寿命改善効果があるとして、過去にも、いろいろと試行錯誤をされているのですが、明確に、また科学的に、その理由もはっきりしていないのが実情です。

当社でも、すごい好結果が出るものもあるのですが、安定した性能(寿命延長)は確認されていません。

しかし、極限寿命を求める製品などにおいて、鋼種追及やその熱処理改善は永遠の課題であり、当社でもこれの試行を続けているのが現状です。



↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る