サブゼロ処理           [s04]

【用語の意味】
通常は、焼入れ冷却時に、0℃以下に冷やす処理をいう。残留オーステナイト低減による硬さ上昇、経年変化減少などが目的。-100℃以下の処理をクライオ処理と呼ぶことも多い。
【関連する用語】
 深冷処理  クライオ処理
【補足説明】

工具鋼などの焼入れ性の良い鋼は、焼入れ時に常温に冷却しても非変態のオーステナイトが多く残るため、常温以下に温度を下げてそれをマルテンサイトなどに変化させる目的で0℃以下に冷やす処理がサブゼロ処理である。

近年は、液化炭酸ガスや電気式の冷凍設備で-75℃程度に冷やす処理が主流であるが、焼入れ冷却に引き続いてこの温度に冷却することでほとんどの焼入れ鋼の残留オーステナイトは消失するが、完全になくすることは難しい。

これによって、焼入れ硬さの上昇や経年変化はかなり軽減される。このため、焼戻し後に行うことはこの効果が少ないとされる。

クライオ処理の多くは、液体窒素ガスで-180℃程度まで冷却する処理をいい、熱処理以外の分野では液化アルゴンガスなどを用いた処理も行われるが、熱処理ではガス費用が高価なために液化窒素以外はほとんど使われることがない。処理は、焼入れ過程で継続して温度を下げる方法以外に、焼戻し後で製品が仕上げ加工後に行う。これによって、-75℃処理には見られない効果で寿命が改善されるとするものがあるが、その理由などは詳しくはわかっていない。


↑記事のTOPに戻る