深冷処理(しんれいしょり)         [s23]

【用語の意味】
サブゼロ処理クライオ処理など冷媒などを用いて0℃以下で行う処理の総称。
【補足説明】

品物を0℃以下に冷やす方法として、①冷蔵庫(~-80℃) ②氷と食塩(~-25℃) ③液化炭酸ガス(~-75℃) ④液化窒素ガス(~-180℃)などが用いられる。液化アルゴンガスは高価なので、通常の熱処理で使用されることは少ない。

主な目的は、焼入れ直後に0℃以下に冷やすと、未変態のオーステナイトがマルテンサイトなどに変化し、(1)硬さの上昇 (2)経年変化の防止 などが図れるので、この目的のために行うことが多く、この結果が製品の長寿命化につながるという考え方もある。

焼戻し後に行うと、その効果が薄れるので、焼戻しをするまでに行うのが効果的である。

-100℃以下にする処理を、液化炭酸ガス等による「サブゼロ処理」と区別して「クライオ処理」と呼ぶことも多い。多くは液体窒素を利用して-150℃以下に品物を保持する処理であるが、これは、通常の熱処理(焼入れ・焼戻し)が終わった製品でも耐摩耗性の向上などに効果があるという。しかし、多くの機関でその検証などが行われているが、はっきりした理由や継続的成果は確認されていない。

WEBなどに、クライオ処理をすることで音響効果が良くなったり、電気的特性が変わる・・・などの記事があるが、これについても賛否があるとともに、理由なども明らかになっていない。


↑記事のTOPに戻る