析出(せきしゅつ)            [s30]

【用語の意味】
熱処理においては、固溶体から異相の結晶が分離成長する現象。
鋼では、2次硬化のように、多くは、硬さ上昇が伴う。

スポンサーリンク


【補足説明】

オーステナイト状態に加熱後に焼入れ(または溶体化)などで固相中に溶け込んだ元素などが多いと、焼戻し(または時効処理など)で温度を上げると、溶質成分が炭化物や窒化物として生成して、通常は硬さが変化(上昇をさす場合が多い)する現象としてこれを説明されることが多い。

例えばSKD11を焼入れ後に、焼戻し温度を上げていくと500℃付近℃硬さが上昇するが、それは2次硬化と呼ばれるが、これは、焼入れによって素地に固溶した合金元素が温度によって凝集析出して、炭化物として析出した結果と説明される。

SUS630などの析出硬化型に分類されるステンレス鋼は、1000℃を超える温度で溶体化処理をして耐食性を付加した後に、400-550℃程度に加熱することで再硬化するが、これを時効処理(析出処理)という。

日立金属 SLDの熱処理曲線日立金属SLDの例

↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る