マルエージ     [m05]

【用語の意味】

析出硬化型ステンレス鋼のように、低炭素でマルテンサイトを生じる鋼を固溶化処理した後に行う析出硬化処理をマルエージ、マルエージングという。このような目的で製造される鋼を総称して「マルエージング鋼」と呼ばれる。

スポンサーリンク



【補足説明】

鋼が硬く強くなる仕組みには、固溶、析出、転位、分散などがあるとされ、通常は焼入れ鋼のように固溶および転位によるマルテンサイト化での強度アップが一般的だが、マルエージング鋼ではNi,Co,Mo,などを多量に含有させて、熱処理ではそれを固溶化させたのちに時効によって強度を上げる方法(これは析出強化)を用いる。

マルエイジング鋼は固溶化処理後はオーステナイト状態で比較的軟らかくて加工しやすく、炭素量が低いので溶接性に優れるなどの特徴があり、機械加工後に時効処理をして硬化させる。特徴のある鋼種であるが、鋼材価格は高価である。現状では、時効後の硬さで52HRC程度の硬さが得られる鋼種が市販されている。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る