結晶粒の粗大化(けっしょうりゅうのそだいか)[k43]

【用語の意味】
Ac3をはるかに超える温度で長時間加熱するなどで、オーステナイト結晶粒が大きくなること。粒度番号が小さくなること。
【関連する用語】
 結晶粒度

スポンサーリンク


【補足説明】
結晶粒度と降伏点の関係図結晶粒度と衝撃値の測定例
(雑誌 熱処理37巻・ふぇらむNo.10から引用)

上左は結晶粒が大きくなる(粒度番号が小さくなる)と下降伏点が低下している例、上右は、SKD6の焼入れ温度を上げたときの衝撃値の低下度合いが示されている。

実際の熱処理ではこのような高温で焼入れすることはないが、いずれにしても結晶粒を粗大化しないようにする必要がある。焼入れ時に結晶粒が粗大化した場合は、熱処理では改善できず、再鍛造するなどの方法しかない。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る