強靭性 (きょうじんせい)    [k30]

【用語の意味】
シャルピー衝撃値などの衝撃じん性と同意で使われていることが多い。日立金属では、高硬さのものについて、抗折試験での抗折力や曲げ値を吸収エネルギーとして、それで評価している例もある。
【補足説明】

強靭性を評価する指標に、シャルピー試験による衝撃試験値、抗折試験による折れにくさ、引張試験による「伸び・絞り値」などで評価されている。

一般的には、硬さと強靭性は逆の関係があり、硬さを上げると強靭性は低下する。

工具鋼などの高硬度材についてもシャルピー衝撃値を測定する場合も多いが、値が小さくなり、さらに試験値のばらつきが大きくなるので、55HRC以上のものを試験する場合には、無ノッチや10R・Uノッチなど、JISにはない試験片形状で行われるものも多い。しかし、試験片形状が変わると形状相互の関係性は無くなるので、相互比較はできない。

高硬さ材の比較では、抗折・曲げ試験による抗折力(荷重)x曲げ(距離)を「吸収エネルギー」として評価される場合もある。(日立金属など)

特に、高硬さ品では、これらのいずれもが、試験片の採取方向で大きく変わる。普通は充分に熱間鍛造した材料の表面近くから伸延方向に試験片をとり、直角に荷重をかける方向で評価する(これを便宜的に「L方向」と呼ぶ)が、反対方向(繊維方向と直角方向:これを「T方向」とよぶ)に試験片をとったり、大きな品物のから試験片を採取する(これを、実体試験と呼ぶ場合がある)と標準的な値に比べて半減するなど、比較できないほど違った値になる場合も多い。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る