カスタムナイフ          [k12]

【用語の意味】

趣味などで製作するオリジナル形状、オリジナル仕様のナイフのこと。

【補足説明】

カスタムナイフ熱処理前カスタムナイフ熱処理前2
お客様作品1お客様作品2これらのナイフは趣味で製作されるもので、当社でも焼入れのお手伝いをしていますが、実に素晴らしいナイフを製作されているのに驚きます。近年では、①ダイス鋼系 ②ステンレス系 ③高速度鋼系などの高級鋼を使用されるのがほとんどで、昔からの定番の炭素鋼系のものは少なくなりました。炭素鋼系は日本刀でも知られるように、切れ味もよく加工のしやすさや焼入れ温度が800℃程度と低いので扱いやすいいい材料なのですが、水焼入れをしますので熱処理が難しいと敬遠されているのかもしれません。
マニアの方は鋼種にこだわる方が多いのですが、硬さや性能についてあまり吟味されていないようで、硬さの相談をしようとすると、「他社では何も言わずに熱処理してくれていた」とおっしゃる方もおられますし、WEB記事を読んで間違った熱処理の考え方をお持ちの方もおられますので、いろんな役に立つ熱処理知識を多く発信していきたいと思っています。
趣味のナイフは精魂込めてつくられていますので、当社では、ソルトバスを用いて1本いっぽん熱処理をすることでオリジナル性を出しています。ただ、ソルトバスの長所は多いものの、時代に取り残された熱処理設備ですので、いつかは消えゆく運命です。できる限りこの熱処理サービスを続けたいと思っています。
注意しなければいけない点は、これらは銃刀法によって所持や使用が規制されます。法令に抵触するものは届け出等の適切な手続きをしていただかなければ熱処理をお受けしませんのでご注意ください。


↑記事のTOPに戻る