銃刀法(じゅうとうほう)        [s16]

カスタムナイフなどを作られる方のために、知っておいていただきたい内容ですので簡単に紹介します。

ナイフなどの刀剣類で、刃渡り15㎝以上は所持が禁止されています。

また、刃先が6cmを超えるもの、及び、5.5cmを超える剣携帯が禁止されています。

カスタムナイフなどの刀剣類を自作する場合は、この法律に沿った形状寸法に注意する必要があります。

ナイフ造りを楽しまれている方はたくさんおられます。
項目ごとに、「銃刀法」と「軽犯罪法」という法律について説明します。

ナイフなどの刃物類は、どんなものでも自由に作ってもいいというものではありません。

現在、銃刀法では、
刃渡り15cm以上の刀等の所持禁止されていますし、
6cmをこえるものは携帯することを禁止されています。 加えて、
刃渡り5.5cm以上の剣(両側に刃のついた刃物)の所持が禁止になっています。

それ以下の長さであっても、軽犯罪法1条で「正当な理由なく隠して携帯すること」 を禁止されています。

これを頭に入れておいてください。

それを所持している場合は、廃棄することを義務付けています。
所持には、届出等もありますので、対象品があれば、警察署に問い合わせれば教えてもらえます。

この「カスタムナイフの製作」の趣味を持つ人は古くからおられ、当社では昭和40年代から、1本1本をソルトバスで焼入れするサービスを行っていますが、時おり、この銃刀法を知らないで大きなナイフの熱処理依頼が来る場合もあって、過去に、何点かの熱処理をお断りしたこともあります。

刃渡り15cm以上のものは、ショーケースに入れて飾っていてもダメということで、届出による所持許可の届け出が必要になる・・・などが銃刀法に関係してきます。

趣味で「カスタムナイフ」を作っている方は法律遵守を念頭に製作しなければいけません。

職業用でも同様で、銃刀法に沿った届け出が必要です。

近年は、ステンレス系の鋼材など、焼入れが簡単にできないものも多くなっていることもあって、職業で刃物を使用される場合などでお困りの場合があるかもしれませんが、届け出など法的処置をとっていただければ熱処理させていただくことは、全く問題はありません。   

さらに、日常に使用する包丁などの用途のものは、銃刀法に関係なく製作しても問題ありませんし、当社でも、たくさん熱処理をしています。しかし、理由なく持ち運ぶことは禁止されています。

銃刀法の文言や対処品や取り扱いについては、いろいろな記事がWEBにありますのでご参考にしていただき、カスタムナイフの製作については、法に触れないように注意ください。


↑記事のTOPに戻る


  (来歴)R1.11見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る