銃刀法(じゅうとうほう)        [s16]

【用語の意味】
刃渡り15㎝以上は所持禁止。6cmを超えるもの、5.5cmを超える剣は携帯が禁止されています。カスタムナイフなどの刀剣類を自作する場合は、この法律に沿った形状寸法に注意する必要があります。

スポンサーリンク


【補足説明】

ナイフ造りを楽しまれている方はたくさんおられます。この趣味を持つ人のために、当社では昭和40年代から、1本1本をソルトバスで焼入れするサービスを行っていますが、この銃刀法を知らないで大きなナイフの熱処理依頼が来る場合は困りものです。過去に、何点かの熱処理をお断りしたことがあります。

刃渡り15cm以上のものは、ショーケースに入れて飾っていてもダメということになっていて、届出による所持許可の届け出が必要になるなどがありますので、趣味で「カスタムナイフ」を作っている方は法律遵守を念頭に製作ください。

もちろん当社では、仕上がった際に違法性のがあると思われる品物は熱処理をお受けしませんが、近年は、ステンレス系の鋼材など、焼入れが簡単にできないものも多くなっているので、職業で刃物を使用される場合などでお困りの場合があるかもしれません。もちろん、届け出など法的処置をとっていただければ問題はありませんし、包丁などの用途のものはたくさん熱処理をしています。当社へメールフォームからお問い合わせいただいてもいいですし、また、WEBにもいろいろな記述がありますのでご参考にしてください。


↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る