加工誘起マルテンサイト(かこうゆうき~) [k10]

塑性変形や衝撃などの外力を加えられることで、オーステナイトや残留オーステナイトがマルテンサイトに変態したもの。


SUS304などを塑性加工すると磁気を帯びるという現象が見られることがあります。
これはオーステナイトが加工変形を受けることによって変化してマルテンサイトが生成するためと説明されています。
この生成したマルテンサイトを加工誘起マルテンサイトといいます。

オーステナイト系のステンレス鋼は、安定したオーステナイト状態であることで耐食性が保たれており、オーステナイト状態でない(磁気が生じた)状態では、耐食性や耐酸化性も低下します。
(オーステナイトは常磁性で、マルテンサイトは強磁性です)

このような状態にならないようにするには、加工変形量を小さくするかオーステナイトの安定性の高い鋼種を使用することで防止することが必要になります。

これによって生じたマルテンサイトを消失させてオーステナイト状態に戻すためには、再度、溶体化処理をしなくてはなリません。

しかし、再熱処理をすると、変形や着色の問題は避けられないので、再加熱することによって、複雑形状のものは変形して使用できなくなる可能性が高くなります。

工具鋼などでも、鋼中に残留するオーステナイト(残留オーステナイト)は強い加工変形によってマルテンサイト化することがあリます。

この変化を利用した鋼の強化方法もあるのですが、通常の工具ではマルテンサイトが生成することでじん性が低下したり、破壊の原因になります。

このために、高じん性が必要な工具類は、高温焼戻しができるのであれば、それによってオーステナイトを安定化させることができますので、オーステナイトをあらかじめ分解消失させることは長寿命化に対する一つの対応策であるといえます。



↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る