介在物(かいざいぶつ)      [k03]

「非金属介在物」のことで、日常的な言い方として「介在物」という言い方をする人が多いようです。
この非金属介在物は、一般的には、少ないほうが鋼材の品位は高いとされています。

近年は、多くの鋼が高度な製鋼法によって製造されるようになっていますので、非常に非金属介在物か少ない、高品質なものになっています。
それを評価する清浄度という用語もあります。


 
【補足説明】

鉄鋼などの内部にある酸化物や硫化物などの非金属物質を非金属介在物といいます。

一般的にはこれらの介在物は、破壊の起点になったりして鉄鋼材料の品質を下げるので、できるだけ少なく、かつ小さく均一に分散していることが望ましいとされています。

しかし、「快削鋼」のように、硫黄などを添加して、さらにその非金属介在物を分散させて切削性を高めた種類の鋼もあります。

JISの検査方法では顕微鏡を用いる試験方法、その形態や組成による区分などが規定されています。

昭和年代には、鋼材の偏析とともに、この非金属介在物の量の多少がしばしば問題になったのですが、近年では、連続鋳造や脱ガスなどの製鋼技術が向上したことで、量産鋼ではそれらが問題になることはほとんどありません。

工具鋼などの特殊用途鋼などを高い硬さで使用する場合は、非金属介在物の量や状態は寿命に影響することから重要ですので、重要部品用の鋼などには、ESR溶解などの特殊溶解法によって、さらにそれを低減して鋼の品位を上げる場合もあリます。

しかし、近年は通常の市販材でも汎用鋼でもそれらの低減に配慮しているので、それが多いということで問題になることはほとんどありません。

非金属介在物が少ないことは製品寿命延長につながることが明らかになってきているために、鋼材メーカーでは、これらが少ないことを「清浄度が高い」という表現をして、それがセールスポイントになっているものもあります。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.12 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る