介在物(かいざいぶつ)      [k03]

【用語の意味】

非金属介在物の日常的な言い方。一般的には、非金属介在物は少ないほうがよいとされている。

【関連する用語】
 清浄度
【補足説明】

鉄鋼などの内部にある酸化物や硫化物などの非金属物質をいう。

切削性を改善するための快削鋼などではそれをうまく利用するが、一般的にはこれらの介在物は鉄鋼材料の品質を下げるので、できるだけ少なく、かつ小さく均一に分散していることが望ましい。

JISの検査方法では顕微鏡を用いる試験方法が規定されている。

昭和年代には、鋼材の偏析とともにしばしば問題になったが、近年では、連続鋳造などの製鋼技術が向上したことで、量産鋼ではそれらが問題になることはほとんどない。

工具鋼などの特殊用途鋼なども同様で、ESR溶解などで品位を上げる場合はあるが、通常の市販材でも問題になることはほとんどなく、鋼材メーカーでは、これらが少ないことを「清浄度が高い」という表現をして、介在物が少ないことは製品寿命延長につながるとして、それをセールスポイントにして高品質化が図られている。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る