清浄度(せいじょうど)           [s28]

【用語の意味】
鋼中に含まれる非金属介在物の度合い(%) 非金属介在物は鉄鋼に対して悪い影響のほうが多いので、少ないほうがよい。
【補足説明】

非金属介在物は、主に、熱処理(焼入れ)をするときに鉄鋼中に固溶しない「酸化物」「硫化物」などの非金属のものをいい、硫化物系については可否について意見が分かれるものの、一般的には、非金属介在物は少ないほうが良いとされる。

清浄度は、通常は顕微鏡で組織検査して、硫化物系、アルミナ系、シリケート系、酸化物系などに分類して、その大きさや個数で鉄鋼の品位を評価する。

近年はデジタル技術が進歩して、それらはコンピュータ処理して算出されるようになっている。
高い硬さで使用するベアリングなどの部品では、山陽特殊製鋼が酸化物系の非金属介在物を低減することで転造寿命が飛躍的に伸ばしたという実績があるが、鉄鋼中に固溶してその後に析出する炭化物や金属間化合物などとの関係などもあって、非金属介在物を減らすことにはいろいろな課題がある。

今日の鋼材と昭和末期のものを比べると、汎用鋼では各社の製鋼技術は飛躍的に向上しているので、非常に鋼材の清浄度は高く、品位が格段によくなっているのを感じるが、ときおり、小ロットの高合金工具鋼などでは、問題になるケースもなくはない。


↑記事のTOPに戻る