反発硬さ (はんぱつかたさ)           [h10]

【用語の意味】

硬い品物は反発力が強いとして、反発高さや速度を測ることで硬さを評価するもので、ショアー硬さがよく知られています。


【補足説明】

ショアー硬さ測定
これは、硬さ値が直読できるショアー(D型)硬さ計を使って硬さを測定しているところです。

ショアーはダイヤモンドを先端に付けたハンマーを品物上に落として「硬いものはよく弾む」という考え方を基に、鋼の最高硬さのものを測った時にそれを100HSにして目盛ったという話を聞いたことがあります。現在は硬さのトレーサビリティー(国家標準につながる硬さに管理がされている状態)が保たれるように管理しています。実用的な硬さ範囲で精度管理しており、30~85HS程度が常用範囲です。

持ち運べることや測定筒を取り外して大きな品物の硬さを測ることができて非常に便利ですが、精度を不安がる人もいるようです。しかし、精度が保たれた試験機を用いて正しい測定の仕方をすれば、非常に高精度に品質の状態が把握できます。

エコーチップという試験機もあります。原理はショアー硬さ計とは違いますが、これも反発硬さ計の一種で、横方向や上向きで硬さの測定ができます。


↑記事のTOPに戻る