エコーチップ        [a16]

ポータブルな、反発硬さ計の一種です。
この「equotip(エコーチップ)」は商品名です。


エコーチップによっる検査時の紹介(エコーチップのカタログより)

反発硬さは、「硬いものは、跳ね返り強さが大きい」ということを硬さとして指標化したもので、日本国内では、ショアー硬さ試験機がよく用いられていますが、ASTM(米国試験材料協会)規格にはこの試験方法が規定されています。

日本でも、過去に一時、ショアーE型として、同様の試験機が規格化がされたこともありましたが、現在ではこの規格はありません。

写真のようなチップを品物に押し当てて、超硬製のボールチップを品物に打ち当てて硬さを測ります。 いろいろなチップや本体形状のものが販売されています。

ショアー硬さ計のように鉛直方向だけではなく、横方向や上方向などを測定できることや、ロックウェル(HRC、ショアー(HS)などの、よく用いられる硬さに換算して硬さ測定ができること・・・などがあって、簡便に使用できることが特徴です。

当社も、エコーチップや同様の国産の反発式の試験機を保有していますが、どの試験機にも言えることではあるのですが、試験機にはそれぞれに長短所があります。まず、使い慣れてその特徴を掴むなどで、正しい値を、常に出せるようにするなどの訓練も必要でしょう。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る