エコーチップ          [a16]

【用語の意味】

商品名。ポータブルな、反発硬さ計の一種。「equotip」

【関連する用語】
ロックウェル硬さ  硬さ換算表
【補足説明】 

エコーチップによっる検査時の紹介(カタログより)

反発硬さは、「硬いものは、跳ね返り強さが大きい」ということを硬さとして指標化したもので、ASTM(米国試験材料協会)規格にはこの試験方法が規定されている。日本でも過去に一時規格化されたが、現在はない。
写真のようなチップを品物に押し当てて超硬のチップを品物に打ち出して硬さを測るが、いろいろなチップや本体形状のものが販売されている。ショアー硬さ計のように鉛直方向だけでなく、横方向や上方向などを測定できること、ロックウェル(HRC、ショアー(HS)などの、よく用いられる硬さに換算して硬さ測定ができること・・・などで簡便に使用できる。
当社も、エコーチップや同様の国産の反発式の試験機を保有しているが、どの試験機にも言えることではあるが、それぞれに長短所があるので、使い慣れることが必要のように感じている。


↑記事のTOPに戻る