熱処理用語の解説のロゴ

アロイング      [a06]

熱処理用語ではありませんが、金属関係で、alloy(合金)を作ることをアロイングといいます。

ここでは主に、高エネルギー(レーザー・電子ビーム・衝撃など)を用いて、鋼の表面に他の物質の化合物を形成させる処理や方法を指します。

レーザーを使う熱処理では、レーザー熱処理電子ビーム熱処理などがありますが、この「アロイング」とは別のものです。


このアロイングの方法の一つに、「メカニカルアロイング」があります。

これは、ボールミルなどを用いて、機械的に強力な衝撃を加えて、粉末を固体のままで合金化するという新材料の合成法で、これを利用した方法が比較的多く研究されています。

このメカニカルアロイングは、ボールミルと呼ばれる高速撹拌機などを用いて2種類以上の粉末と硬いセラミックスボールなどを混錬して、そのときに生じる、摩擦・衝突などの熱や力によって、鋼やその他の物質の表面に、新しい合金を生成させます。

この方法は、局所熱などのために比較的低温でも反応することなどもあって、鉄系以外でも様々な分野で研究されています。

PR

鋼の結晶に強い変形を加えたり、それを加工によって結晶を分断して「ナノ化(超微細化)」することによって全く新しい特性の持った鋼(金属)になることなど、様々な研究が行われています。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)R1.9 見直し  R2.4 CSS変更   最終R4.6に見直しCSS変更 

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

PR

その他の記事

鋼の熱処理について バナーリンク

熱処理ブログ バナーリンク

ソルトバス熱処理 バナーリンク

せん断刃物技術の基礎 バナーリンク


↑記事のTOPに戻る