電子ビーム熱処理 (でんしびーむねつしょり)  [t15]

【用語の意味】
電子ビームを用いて加熱する熱処理の総称。
【補足説明】

金属熱処理の原理は「レーザー熱処理」とよく似ています。電子ビームを品物の微小表面に当てて移動しながら急速加熱すると、ビームが切れたところで品物に熱をとられることで急速冷却されて焼入れができるというものです。両方とも、大きな品物の金属の熱処理では適用はこれから進むと思います。知っておいておおでしょう。
レーザーも電子ビームも微小部分に絞り込んで加熱できますので、電子部品や金属以外の応用研究が主流のようです。レーザーは「光」ですが、電子ビームは「電子」の粒子ですので、加熱域が大きく、電位差で加速できるなどであり、応用範囲が広いとされています。電子ビームを用いた溶接、微細加工、表面改質などが行われています。


↑記事のTOPに戻る