とりべ分析値  (とりべぶんせきち)  [t19]

【用語の意味】
溶鋼分析値。溶鋼が鋳型に入れられるときに取鍋(とりべ・とりなべ)から採取した試料による成分等の分析値。通常は、ミルシートにはこの値が表示されます。

スポンサーリンク


【補足説明】

溶鋼(溶湯)の状態で充分攪拌されておれば、製品になってからよりも成分の均一性が高いので、JISなどでもこれを採用することになっています。

大量に生産される鋼の多くは連続鋳造法が採用されているので、製造された鋼片各部の成分差はかなり少なくなっていますが、従来からの製法で、鋳型に鋳込んで製造される鋼のうち、特に高合金鋼になると、中心部が最後に凝固するので、成分などの偏析は避けられません。このために、試験片の採取位置によって成分や性質がミルシート値と違うことになってしまいます。

鋼塊の断面図もちろん、それを均質化するのが「造塊技術」ですので、各鋼材メーカーでは、様々な工夫や技術によってとりべ分析値に近づけるように、また、偏析の少ない鋼となるように工夫されて鋼材が製造されているといえます。(雑誌:鍛造技術より)



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る