特殊溶解   (とくしゅようかい)     [t18]

【用語の意味】
慣用的な用語で、ESR溶解や真空溶解などを指すことが多い。

スポンサーリンク


【補足説明】

近年の鋼の品位は、非常に高いものになっていますが、それには、様々な技術が導入されています。温度管理、脱ガス技術、造塊技術などは一昔前には非常なコストがかかっていたものが、現在ではそれらが普通に採用されて高品質な鋼がつくられています。
溶解についても従来のアーク溶解の技術自体の進歩もありますが、それに加えて「特殊溶解」といういい方をしばしば耳にします。
一般的には、ESR溶解や真空溶解などをいいますが、これらは余分な工程などのコストが吸収できないために、付加料金がかかって高価になります。ESRは再溶解スラグ精錬技術、真空溶解は真空脱ガス精錬技術によって、高純度鋼を製造する技術として位置づけられています。
近年ではこれらと粉末技術によって、工具鋼などでは高級高純度な鋼種が製造されています。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る