脱炭・脱炭層 (たったん・だったんそう)     [t02]

【用語の意味】
加熱中に鋼中の炭素が失われる現象。表面部で脱炭が生じて炭素量が規定以下になった部分が脱炭層。脱炭の程度で、全脱炭や拡散脱炭などに分類する場合もある。 これに対して、雰囲気の炭素が鋼の炭素濃度を上げる場合は浸炭という。
【補足説明】

脱炭は、加熱中に雰囲気中の酸素と鋼中の炭素が結合して、1酸化炭素や2酸化炭素のガスとして飛散することで起こる。

この反応は高温になると進行しやすいので、焼戻しなどではあまり考える必要はないが、焼入れする場合には、どのような雰囲気であっても脱炭が生じるので、必ず、黒皮や銹(さび)を除去しておく必要がある。

これは、大気加熱する場合でも同様で、焼入れなどの高温時に脱炭が生じると、焼入れなどでは十分な表面硬さが得られないだけでなく、表面部の応力状態が変わることで「焼割れ」が生じる原因になる。

脱炭を防ぐ方法としては、雰囲気中の空気を脱気する「真空熱処理」、空気を不活性ガスに置換したり炭素濃度を補うようにした雰囲気で加熱する「雰囲気熱処理」、塩浴などで空気に触れないようにして加熱する「ソルトバス熱処理」などがある。

これらを『無酸化熱処理』と呼んだり、光輝肌が残るようなものについては「光輝熱処理」と称される。


↑記事のTOPに戻る