ステンレス             [s26]

ステンレス鋼のことです。古くは、不銹鋼(ふしゅうこう=錆びない鋼)と呼ばれていました。

英語では STAINLESS STEEL

耐熱、耐酸化性、耐薬品性などの特徴あり、現在は、フェライト系、オーステナイト系、マルテンサイト系、析出硬化型、2相系などと呼ばれるものがあります。
JISの鋼種記号はSUS***。

スポンサーリンク


ステンレスは表面に薄い不働態(不動態とも)が生じることで「さびにくい」状態になっています。錆びないということではなく、通常の軟鋼のように、戸外で放置すると赤錆が出やすいのに対して、ステンレス鋼は金属光沢が長く保たれる「錆びにくい鋼」です。

「さびにくさ」とは、耐食性、耐酸化性、耐熱性、耐化学薬品性などについて減量などの数値で評価されている場合もあります。

ステンレス鋼の種類(鋼種)や用途は多岐にわたっており、JISではアメリカ規格などの鋼種名(鋼種番号)をそのまま転用しているので、番号の統一性もないのでわかりにくく、必要な鋼種名は一つずつ覚えていく必要があります。

よく使われる鋼種としては、(1)SUS430に代表される、安価で台所の流し台のシンクに使われる「フェライト系ステンレス」 (2)SUS304に代表される、非磁性で耐食性に優れる「オーステナイト系ステンレス」 (3)SUS440Cに代表される、焼入れして硬化する「マルテンサイト系ステンレス」などがあります。

その他「2相系ステンレス」や「析出系ステンレス」と呼ばれるものもあり、鋼種番号と「~系」はまとまって統一されていないうえに鋼種も多いので、非常にわかりにくくなっています。

ステンレス鋼は普通鋼よりも高価であり、耐食性の高いオーステナイト系ステンレスは合金元素が多いことでスクラップ価格も高額ですが、それを、「磁石に引っ付くか引っ付かないか」で区別されていたこともありました。

これは、流し台などに使われる安価なフェライト系(常磁性)ステンレス鋼とCrなどの合金成分が多いオーステナイト系(非磁性)ステンレス鋼に分けてスクラップの買取が行われていたためですが、現在では磁性によって高価かそうでないか・・・を見分ける基準にはなりません。

熱処理の方法は、オーステナイト系では、溶体化処理(固溶化処理)が、マルテンサイト系は焼入れ・焼戻しが、析出硬化系は溶体化+時効処理などの熱処理が行われます。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)R2.2 見直し   R2.4 CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る