ジョミニー試験             [s19]

【用語の意味】
ジョミニ1端焼入れ性試験のことで、焼入れ温度に加熱した25mm径の棒の端面を水冷して、その外周面の硬さ推移で焼入れ性を評価する試験法である。
水冷による試験であるので、焼入れ性の高い鋼種などを評価するには不向きだが、構造用鋼は多くのデータがあるので同一条件での比較ができる。
【補足説明】
ジョミニ試験の例
  

焼入れ性の良否は、表面の最高硬さの高さや焼入れ端(実際の品物では、表面)からの硬化深さが評価される。

硬化深さ(硬化深度ともいう)は、焼入れ性をよくする合金成分(Mn、Cr、Niなど)を含む鋼は硬さの低下が少なく、焼入れ性の劣る鋼は端部の硬さが低いうえに硬さ低下が大きい結果になるが、試験片形状がφ25なので、SNCM439のように空冷で焼が入る。また、このような焼入れ性の良い鋼種は、水冷で焼き入れすることはほとんどない。

このように、構造用鋼であっても、適正焼入れ条件に沿う焼入れ性を評価できないといえるが、簡便に試験できるために古くから用いられる試験方法である。

同一鋼種でも製造履歴によって硬さ範囲に差が生じるので、その上下限を定めた「Hバンド」を示した「焼入れ性を保証する鋼種」がある。これは例えば、普通のSNCM439に対し、SNCM439Hと、後ろに「H」が付加されている。

これらの鋼をH(エイチまたはエッチ)鋼というが、H型鋼(H型をした型鋼)や調質済み鋼でマルエッチ(Hの丸がこみ)で鋼種を表記する習慣もあるので、『Hバンド鋼(焼入れ性を保証した鋼種)』かそれ以外のものなのかを常に意識しておくのが良い。

近年の鋼材は製鋼技術が向上して、非常に均質で品位が高いので、古く制定されたJIS規格は時代遅れの感が強くなってきているように思う。


↑記事のTOPに戻る