細粒鋼 (さいりゅうこう)        [s02]

【用語の意味】
オーステナイト結晶粒度が5以上(例えば8など)のものをいう。しかし、工具鋼などでは、5では、不満足とされることも多いので注意。
【補足説明】

工具鋼では、結晶粒が小さいほうが良いとされる。このため、焼入れ後のオーステナイト結晶粒度が7以上が望ましいとされている。

工具鋼メーカーでは、鍛造と焼なまし工程を厳密に管理することで、結晶粒が細かい高性能な鋼を供給しているが、熱処理時(焼入れ時)の温度管理が悪ければ結晶粒が粗大化する。

高めの温度で焼入れすることで硬さが出やすいと言われることを聞くが、その考え方は結晶粒が粗大化することの弊害があるので正しくない。

オーステナイト結晶粒度の検査は、焼戻しをしてしまうと結晶粒界が見えにくくなるものが多いために、焼入れのままで行う。焼き入れたままの鋼は顕微鏡観察時の腐食がされにくいので、王水などの強酸を使う。


↑記事のTOPに戻る