臨界冷却速度(りんかいれいきゃくそくど) [r04]

焼入れ時の冷却の際に、焼入れ組織中にマルテンサイトが生成する最小の冷却速度を臨界冷却速度といいます。


この熱処理用語は、実際の熱処理ではほとんど使うこともありませんが、用語だけが残っている感じです。

この用語を説明するにあたって、京大の辻研究室のWEBページによくわかるように図示された資料があったので紹介して、説明を追加しています。
(tsujilab.mtl.kyoto-u.ac.jpから引用) 臨界冷却速度を理解するための図

これは、共析鋼(0.8%C程度の炭素鋼)を750℃程度から急冷したときの時間-温度を示すCCT曲線をわかりやすいように示しています。

上図で、冷却速度が35℃/sになると、初めてマルテンサイトが生じます。これが臨界冷却速度で、これはまた、下部臨界冷却速度といいます。

さらに冷却速度を速めていくと、140℃/sでは、完全にマルテンサイト組織になリます。これを、上部臨界冷却速度といいます。

750℃から450℃までを (750-450)÷140≒2.1(秒)で冷却するには、小さな品物で、非常に早く冷却しないと、完全なマルテンサイト組織が得られないということがこのグラフから解るのですが、水焼入れや油焼入れでは、このグラフのように連続冷却することが難しいので、ある意味で、この図は、あまり実用的なものではないと言えます。

いずれにしても、この用語は、実際の熱処理では使用されることも少ないので、意味を理解しておく程度でいいでしょう。


↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る