ミクロ組織     [m09]

【用語の意味】

金属顕微鏡などで観察される組織で、通常は鏡面研磨した後に腐食液で腐食した表面を観察する。通常100~400倍程度で観察する場合が多い。これに対して、肉眼で観察するものを「マクロ組織」という。

スポンサーリンク


【補足説明】

ミクロ組織観察は、鉄鋼の表面を鏡面仕上をしてから、腐食した表面を観察するが、熟練のいる作業である。
同じ金属組織であっても、鏡面の程度、腐食液の種類、腐食時間、観察するタイミング・・・などで非常に異なることに留意しておく必要がある。

WEBに掲載される写真にも言えることであるが、掲載されているものすべては事実であるのだが、意図的に組織を改変することもたやすい。このHPでもそうだが、コントラストを上げるなど、できるだけ特徴の出るように改変しているのはやむを得ない。
しかし例えば、事故原因を調べるという場合になると、利害や金銭が絡むので、提示される組織写真などは客観的な内容でないとややこしい問題が生じる。
このために、それを見るものも、それを読み取る力が必要になる。

いろいろな調査報告を見ていると、近年は、光学顕微鏡倍率を超えた機器(例えば電子顕微鏡など)で小さな欠陥をうまく現出して報告書がまとめられる場合も見受けられる。
しかし、いくら早期破壊といえども、品物を使用して破損するのは、外力などが作用して製品が耐えられる能力を超えている結果から破壊につながったのだから、目に見えないような小さな欠陥がマクロ的な破壊の関連性などとともに示されなければいけないはずであるが、どうもミクロ的な原因だけを追求しがちになっているものも多い。
そうなると、設計者責任や使用者責任を飛び越して、すべて製造者責任になると言う間違った方向に進む場合もでてくる。

小さな欠陥が破壊の起点になるのは当然であり、その調査結果は正しいのだが、例えば、鋼材品位が製造限界を超えているかどうかや、それを改善する方法や可能性が示されるのであれば再発防止に役立つのでいいのであるが、微小欠陥が破壊の原因だ・・・と鬼の首をとったように小さな欠陥を見つけ出して終わる報告書は、検査機器の向上に伴い今後さらに増えるだろうから、読む側の知識や観察力がないととんでもない方向になりそうな懸念がでてくることも否めない。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る