凝着摩耗 (ぎょうちゃくまもう)    [k28]

【用語の意味】
一つの摩耗形態。金属間すべり面などで生じる一般的な摩耗形態。種別・圧力・摩擦速度・摩擦距離・潤滑などが摩耗減量に関係する。
【関連する用語】
 大越式試験機
【補足説明】

凝着摩耗は2つの物質が接触する微小部分が溶着(凝着)してそれがせん断力によって剥がれ落ちることで減量するメカニズムの摩耗とされるが、摩擦と摩耗の両方を扱う「トライポロジー」という言葉もあり、摩擦の方法や潤滑の違い・・・などを含めると、その摩耗量や寿命の評価は難しく摩耗形態も単純ではない。

摩耗特性(摩耗量)をとらえるために様々な試験機(試験法)があり、それぞれに長短所があるので、熱処理した鋼材の評価でも統一的な摩耗評価方法がない状況といえる。

焼入れ焼戻しをした鋼材では、大越式迅速摩耗試験機を利用するばあいが多い。これは、回転する軟鋼(S-C材の焼ならし品など)円盤の外周部を熱処理をした板状の試験片に押し付けてそのくぼみ量(摩耗減量)を測定するものであり、鋼(摩擦材)と鋼(試験片)の凝着摩耗量を調べようとしているもので、この試験機では摩擦荷重、速度、摩擦距離が段階的に可変できるうえに、比較的短時間で評価できる利点があり、「比摩耗量」として比較できることもあって工具鋼メーカーで採用している例が多い。しかし、試験条件や試験者が違うとまったく違う値になるなどもあって、一定に評価できる試験条件を見つけることも簡単ではない。

摩擦条件によっては、発熱や摩耗粉の影響があって、さらに評価も難しいために、当社では目的の鋼種について単独試験するのではなく、同時にいろいろな鋼種を比較試験してその差異を見るようにしているが、いずれにしても摩耗特性評価は難しい。

凝着摩耗(Adhesive)のほかサンドペーパーでこすった時の摩耗減量を評価するような「土砂摩耗(Abrasive)」という摩耗形態も評価される場合がある。


↑記事のTOPに戻る