第一鋼業株式会社~熱処理用語

 大越式試験機(おおごししき~) [a24]

【用語の意味】

大越式迅速摩耗試験機のことで、この試験機は、荷重、摩擦速度などの条件を簡単に変えて試験が行えるので、工具鋼の耐摩耗性評価で用いられることが多い試験機です。


大越式摩耗試験方法の説明図
この試験方法は、回転する円盤を試験片の板に押し当てて、そのくぼみの大きさから摩耗減量を算出して比摩耗量を測定するもので、摩擦速度(円盤周速)や荷重、摩擦距離などを変えて数分間で試験できることから、焼入れした工具鋼の摩耗特性を比較的簡単に調べることができます。工具鋼の摩耗を調べる場合に利用されることが多い試験機です。

とはいうものの、実際に試験をしてみると、摩耗減量の測定も大変ですし、同条件で試験しても結果が大きくばらつくことが多いために、その摩耗量評価は簡単とは言えません。しかし、短時間に負荷荷重や摩擦速度を替えて簡単に試験ができる利点から、いろいろなところで利用されることが多いのかもしれません。

工具鋼メーカー各社のカタログなどでも、これを使った試験値がしばしば見受けられます。しかし、試験データをよく見ないと、荷重、摩擦速度、摩擦距離などが同一条件になっていない場合が多いので注意しないといけません。
試験値だけを見て鋼材の摩耗性能を早合点してはいけません。

また、試験中に摩擦熱が発生したり摩耗粉が凝着することで、摩耗の状態が変わりやすく、結果が大きく変わりますので、試験条件を決めることも大変なのですが、こればかりは、たくさんの試験を経験しないと決めにくいかもしれません。

当社では、試験片は5tx20x50程度、回転円盤はφ30x3w程度のS33Cの焼ならし材などを使用して、1.5m/s以下の比較的低速の摩擦速度で耐摩耗性を比較する場合が多いのですが、速度が遅すぎると摩耗量の差が出ませんし、高くなると熱の要素が強くなるので、適当なところを選んで評価しなければならないこともあって、試験をするときには、とりあえずよくわからないので、広範囲の速度範囲の試験をしています。

また、日立金属のデータが多いこともあって、その条件に合わせて比較試験をすることも多いのですが、これでもばらつきや数値がかけ離れるなどがあって、判断に困る場合も多いのが実情です。

たしかに便利で簡便な摩耗試験方法ですが、あまり的確な性能評価には向いていない感じもします。
逆にいえば、その他の迅速で確実な試験ができる摩耗試験機がないという状況でしょうか?



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る