第一鋼業株式会社~熱処理用語

硬さ換算表(かたさかんさんひょう)   [k14]

硬さ試験機による相互の硬さを換算するための数表を「硬さ換算表」といいます。

JISにはこれについて規定されていませんが、SAE-J-417によるものがJISハンドブック巻末などに掲載されています。

ここには、ロックウェル・ビッカース・ブリネル・ショアーの相互硬さの換算値に加えて、引張試験値(引張強さとの換算値)が掲載されています。


JISハンドブックの巻末には、ビッカース硬さ、ブリネル硬さ、ロックウェル硬さを基準にしたSAE-J-417の硬さ換算表が掲載されていますが、詳しくみると、微妙に数値が異なっています。

また、いろいろな換算表が使用されており、絶対的なものではないのですが、非常に便利なものです。

この換算表には、さらに、引張強さの近似値が加えられて掲載されています。これは、「硬さ=強さ」ということがいえるためです。

これもあって、昭和年代には、機械試験(引張試験など)がしばしば行われていましたが、最近では、硬さ検査をすることで引張試験値を推定するということで試験を簡略化されることも多くなっています。

このSAEの換算表には、基準の硬さに対する換算値として3表が掲載されていますが、それぞれをよく見ると、表ごとに若干数値が違っていることに気づくかもしれません。

もちろんこれは、「これらはあくまで換算値であり、便宜的なもの」と割り切って使用するというものなので、厳密で絶対的なものではないと考えておく必要があります。

米国において 「硬さ」は古くから商取引に欠かせないものであったこともあって、これらの換算表が作られて慣用的に使われてきた歴史があるのですが、JISの考え方にそぐわないところがあったのでJIS規格として制定されなかったようです。

日本でも、古くから、工業技術院の硬さ研究会などで、地道に硬さ換算や硬さの研究が行われており、その換算表も、概ねSAEのものと合致していたこともあるのですが、改めてJISとして規定しにくいということもあって、SAEの内容がそのまま掲載されているのでしょう。

  

「硬さは、指定された試験機で測定する」というのは基本です。しかし例えば、ロックウェル用の硬さ試験片をショアー硬さ試験機で測定したものを換算表を用いて換算すると、実用上差支えない程度にうまく適合していることがわかります。

このことから、JISの標準を作成してもに問題は起きないと思うのですが、JISのISO化などもあるので、そこまでして、いまさら規格化されることはないという感じで、今後もJISとしては制定されることはないと思っています。

当社では、ロックウェルとショアーの換算が常用されることもあって、ロックウェルとショアー硬さ値を0.5毎に丸めたものを独自に作成して使用しています。

これを基にした使いやすい換算表を作っており、それを40年以上にわたって使用していますが、これによる顧客とのトラブルは起こっていませんし、近年は、JISに規定されていないところまで、ISOによる製品保証の考え方が定着しているため、硬さや硬さ換算におけるトラブルや苦情は非常に起こりにくい状態で管理されていると考えていいでしょう。
第一鋼業で使用している硬さ換算表などはこちらから参照いただけます



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.12 文章見直し   R1.11見直し  R2.4CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る