硬さ換算表(かたさかんさんひょう)   [k14]

【用語の意味】
硬さ試験機による相互の硬さを換算するための数表。JISの規定がないが、SAE-J-417によるものがJISハンドブック巻末などに掲載されている。ロックウェル・ビッカース・ブリネル・ショアーの相互硬さと、引張試験値が掲載されている。

スポンサーリンク


【補足説明】

JISハンドブックの巻末には、ビッカース硬さ、ブリネル硬さ、ロックウェル硬さを基準にしたSAE-J-417の硬さ換算表が掲載されている。

この換算表には、さらに、引張強さの近似値が加えられて、それらの相互換算値が一覧表になっている。

通常は、基準の硬さに対する換算値で、3表が掲載されているが、それぞれを見ると、表ごとに若干数値が違っていることに気づくかもしれない。しかし、これらはあくまで換算値であり、便宜的なものと割り切るとよいだろう。

古くからアメリカでは、硬さが商取引に欠かせないものとしてこれらの換算表が作られて慣用的に使われてきた歴史があり、それもあくまで便宜的な性質が強いために、改めてJISに規定しにくいということでSAEの内容がそのまま掲載されているようである。

  

「硬さは、指定された試験機で測定する」というのは基本だが、例えば、ロックウェル用の硬さ試験片をショアー硬さ試験機で測定したものを換算すると、実用上差支えない程度にうまく適合しているので、JISの標準にしてもいいと思っているのだが、いまさら規格化されることはないのだろう。

当社では、ロックウェルとショアーの換算が常用されることもあって、ロックウェルとショアー硬さ値を0.5毎に丸めたものを作成して使用している。40年以上にわたって使用しているが、これによるトラブルは起こっていない。



↑記事のTOPに戻る

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る