過時効 (かじこう)       [k11]

【用語の意味】

析出硬化型ステンレスなどで、時効温度を上げると、硬さが低下し、じん性等が増す状態。オーバーエイジングともいいます。

【補足説明】

SUS630、SUS631、マルエージング鋼などと呼ばれる鋼種は、炭素の含有量が少ないので焼入れで硬化しませんが、1050℃程度から急冷する固溶化処理後に時効処理(加熱処理)をすることで硬化します。
SUS630は析出硬化系ステンレスと言われ、溶体化処理した硬さは30HRC程度ですが、その後にH900処理と呼ばれる、480℃程度の加熱することにより、42HRC程度に上昇します。
JISなどでは温度別に4つの時効処理が規定されていますが、H900以上の温度では、硬さが低下し、H1150(約620℃)処理後は、30HRC以下に硬さが低下しますがじん性などが向上します。
このように、最高硬さの出る温度を超えて高い温度で処理することやその処理された状態を過時効の状態と言います。
過時効の状態にすると、硬さは低下しますが、常温及び低温での衝撃値が格段に増加しますので、用途に応じて時効温度を変えて処理します。


↑記事のTOPに戻る