加工熱処理(かこうねつしょり)    [k08]

【用語の意味】

塑性加工と熱処理を組み合わせて行うもの。高強度化やじん性低下の抑制などの目的で加熱冷却過程に鍛造などの塑性加工を組み合わせて行うもの。

スポンサーリンク


【補足説明】

古くは、焼入れ工程中に塑性加工を加えることでじん性を向上させる「オースフォーミング」が有名である。

近年では、オーステナイト状態の鋼に加工を加えることで強固なマルテンサイトに変える「TRIP鋼」、圧延中に圧下を加える「制御圧延」、ピアノ線を恒温に保持した後に引き抜き加工を加えて超強力化する「パテンチング」なども加工熱処理と言える。

現在はホットスタンプなどのように、成形加工と熱処理を合成したり、鋼の引張強さの現状の限界を突破する・・・などの目的で、加工+熱処理や組織の微細化検討などを合わせた複合的な熱処理方法が模索されている。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る