パテンチング           [h08]

【用語の意味】

ばね鋼・ピアノ線などを高強度化するために、焼入れ温度から熱浴などで急冷するなどで、線引き加工や圧延に適した組織を得るための熱処理。

【補足説明】

ピアノ線は炭素量0.6~1%程度の炭素鋼線が主流です。その製造工程は様々ですが、基本的には熱間圧延後に冷却段階では空冷されるために、その組織を均質にするために、900℃程度以上の温度に再加熱して急冷(この場合も熱浴以外に様々な方法がある)して微細なソルバイト組織にした後に、冷間引き抜き加工をすることで非常に強度が高い線にする方法で、その熱処理工程をパテンチングといいます。

熱処理後の引張強さは1200MPa程度ですが、それを冷間で引き抜いて2500MPa程度にします。

一般の焼入れ鋼では、高級な鋼であっても、熱処理で硬さを高くしてこのような高い引張強さは出すのは至難の業です。

現在では、超超強力鋼といわれるものの開発研究がされてはいますが、ピアノ線が伸びて音が変わってしまわないようにするこの技術は150年以上前からあったということに驚きます。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る