炎焼入れ (ほのおやきいれ)         [h40]

「火炎熱処理」「フレーム熱処理」「フレームハード、フレームハードニング」なども同じ内容のものです。

表面熱処理に分類されており、バーナーなどで加熱する熱処理のことをいいます。

近年では、「火炎焼入れ鋼」とよばれる、バーナーで加熱した後に放冷して硬化する鋼種も製造されています。火炎焼入れ鋼の項も合わせて参照ください。


この熱処理法は、バーナーを用いて鋼材の一部を加熱し、焼入れ硬化させるもので、切れ刃部分がコーナー部分になっている小ロット用の金型などで、この熱処理が行われています。

一部を加熱して、水や油で冷却して焼入れ硬化させる場合や、バーナーで加熱した後に放冷して硬化するように、焼入れ性が高くなるようにした成分の鋼種を使うなどがあります。

「火炎焼入れ用の鋼種」として市販されている空気焼入れ鋼には、日立金属のHMDシリーズ(HMD・HMD1・HMD5など)があり、幅広い焼入れ温度で加熱してもいいようにしたり、焼入れ温度が低めになるように設計されており、高合金ダイス鋼よりも安価なことから、全体焼入れして機械部品に用いられる場合もあります。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.12 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る