第一鋼業株式会社~熱処理用語

火炎焼入れ鋼(かえん~)  [k05]

バーナーなどの炎を用いて焼入れすることを「火炎焼入れ」「炎(ほのお)焼入れ」といいますが、それで加熱して、放冷すると焼入れ硬化するように作られた鋼種の総称を「火炎焼入れ鋼」といいます。

もちろん、バーナーで焼入れ温度に加熱後に、油冷して硬化させればどのような鋼でも問題ないのですが、ここでは、火炎焼入れをしやすいように、空冷でも硬化するほどに焼入れ性が良く、ダイス鋼(たとえばSKD11)などよりも、焼入れ温度が低くて、安価な鋼をいう場合が多いようです。

これらの鋼は空冷鋼ですが、焼入れ特性の良さから、通常の全体加熱~油焼入れ をして通常の焼入れする部品用に用いられる場合もあります。


火炎焼入れ鋼は、火炎焼入れ(炎焼入れ、フレームハードともいいます)用の材料として開発されて販売されているもので、抜き型などの切刃部分だけを加熱しながら炎を移動することで、加熱されたあとの空冷で硬化することから、大きな金型の先端(切刃部分など)だけを硬化させれば良い型材などのために開発された鋼種です。

焼入れ温度の許容幅が広くなるように設計されており、通常の鋼種は50℃程度の温度幅のものが、火炎焼入れ鋼は100℃以上に設計されていて、その範囲でも硬さのばらつきが少ないという特徴があります。

本来の用途としては、部分的に硬化して使用する低負荷の冷間成形用金型材等の用途に製造され販売されているもので、これらの鋼種は焼入れ性を上げるためにクロムCrではなく、マンガンMnを高めてあります。

クロム系のものに比べて耐摩耗性が若干低いのですが、焼なまし状態の機械加工性がよく、鋼材価格もダイス鋼より安価なものが多いために、フレームハードではなく通常の熱処理で、油焼入れをして通常用途の機械部品などにも使用されています。

日立金属のHMDシリーズのHMD1やHMD5、大同特殊鋼のGO5、愛知製鋼のSX105Vなどがあります。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.12 文章見直し  R1.11見直し  R2.4CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る