変形 (へんけい)         [h37]

【用語の意味】

熱処理により生じた変形。ひずみ・熱処理ひずみともいう。
寸法変形と形状変形があり、寸法変形を変寸と称して区別する場合がある。


【補足説明】

焼入れ時の冷却速度による寸法変化
この図は、鋼を加熱するとオーステナイト変態温度までは熱膨張し、変態すると少し収縮し、その後の冷却速度の違いによって組織変化が生じるために長さが複雑に変化することが説明されている。
これは、2次元的な変化であるが、通常の品物では3次元的変化が加わって、寸法変化や形状変化が起きる。これを総称して「変形」といっている。

熱処理操作での対策としては、加熱冷却時に品物各部の温度差を少なくする以外は汎用的な対策がとりにくい。その方法としては①ゆっくり加熱する ②段階加熱をする ③焼入れ時に中途引き上げなどで品物の温度をコントロールする・・・などがあるが、変容的でなく、また、3次元的な変化を確実に反映させることも実際には難しい。
このため、一部の製品では、「矯正」「曲り取り」で修正している状態である。

焼入れ性のよい鋼種では、形状を測定しながら冷却をコントロールしたり、特性を犠牲にして冷却を遅らせるなどで熱処理することはあるが、単純形状のものはともかく、一般論的な方法ではない。それよりも、経験的に言ることだが、メーカーや材料履歴によっても違う状態であるのがどうにもならない。


↑記事のTOPに戻る