ベイナイト焼入れ (べいないとやきいれ)    [h36]

【用語の意味】

じん性などを付加する目的で、冷却速度の調整や恒温処理によってベーナイト組織を得る焼入れ方法。


【補足説明】

低合金鋼などをベイナイト組織にすると、同硬さであってもじん性が高いものになる場合は多いので、このような人為的な組織操作は優れた特性を出すために残された熱処理の領域だと考えている。
ベイナイト焼入れの本来の意味は、特性を付加するための熱処理用語なのである。

しかし、不完全な焼入れによって材料特性が劣った状態になっていることの説明でこの言葉が用いられるのを聞くことがある。

焼入れ性の良い鋼種であっても、品物が大きくなると冷却が遅くなり完全なマルテンサイトでない状態になり、十分な硬さが得られない場合がある。

このような品物が使用中に早期破損するなどで、その品物からとった試験片でシャルピー試験をしてみると、たいていは非常に低い値になっている。といっても、大きな品物からとった試験片の試験結果は、カタログなどに公示されているものとは違っていても不思議はなく、例えば、すこし大きな品物から切り出して、それを適切に熱処理してシャルピー試験をしても、カタログに載っているような値にはならない。カタログの値と実体からとったものとは違うのである。

そしてベーナイト焼入れになっているというのを不具合の理由にする話を度々聞いている。このような間違った考え方をする人もいるので、やはり、幅広い熱処理雑学を知っていることは大切だと思う。(閑話休題)


↑記事のTOPに戻る