腐食液  (ふしょくえき)        [h24]

【用語の意味】

金属表面を観察する場合に、組織などを見やすくするために、選択腐食または着色用液体(薬品)を腐食液といいます。

腐食液を使わないで観察する場合は、「無腐食」という表記をする場合もあります。

酸を用いることが多く、多種類が使用されますが、種類や濃度、浸漬時間などによって、見え方が変わることや、組織間の比較をするために、当社では通常、硝酸アルコール溶液(ナイタール)がよく使用されています。

腐食することやその操作を「エッチング」という場合もあります。


【補足説明】

新潟県工業技術総合研究所のHPに貴重な写真とそれをうまく説明されている記事があるので、そちらを参照されるといいでしょう。
http://www.iri.pref.niigata.jp/topics/H28/28kin4.html


そこにある ①硝酸アルコール溶液が約3%ナイタールで、③が「ピクラール」と称される、ピクリン酸水溶液です。
当社では、近年は、ナイタールを標準的に使用しています。

同じ腐食液で比較すると観察の「慣れ」の問題もあるので、組織が判断しやすくなるという理由と、他社でもナイタールがよく使用されているのでそれに合わせたほうが良い・・・という理由から、できるだけ同じ腐食液で観察していますが、その他の特別の技術的理由はないようです。

腐食液の濃度や温度・時間などの腐食条件が変わると、組織の見え方は激変します。

新潟県工業技術総合研究所のHPでは、きっちりと腐食後に中和処理されているようですが、それでも、時間を置くと見え方が変わリます。
当社では、時間をおいて観察する場合は、「シールピール」という樹脂スプレーで表面を保護して観察時にはそれをはがして再観察するのですが、それでも、組織は時間とともに変化していますので、腐食してからなるべく時間をおかないようにして観察しなければなりません。

金属顕微鏡組織は、表面組織の微細な成分や組成の違いが、腐食の程度の違いとなり、表面に微小な凹凸ができたところを観察することで組織の違いが見えるのですが、腐食の方法以外に、光源の配置や照度によっても変わリますので、顕微鏡組織の観察は、熟練が必要です。

近年は倒立金属顕微鏡以外にマイクロスコープなどでも観察できますし、コンピュータによる画像処理ができるようになっています。
このようなこともあって、熱処理や材料の可否判定や事故品の調査などの作業は、ともかく経験して熟練することが要求されます。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る