比摩耗量 (ひまもうりょう)        [h17]

【用語の意味】

摩耗試験での条件を合わせて、鋼材同士を比較するために用いる指標。通常は、相手材、摩擦速度、負荷荷重、摩擦距離などを固定して比較することで耐摩耗性の比較に用いる。


【補足説明】

摩耗量(摩耗減量)を試験しようとすると、摩擦条件を少し変えるだけでそれが大きく変わるのが通例であり、そのため、いろいろなファクターのうち、1つのファクターの値だけを変えてその変化量をを調べる方法がとられるのが一般的である。
工具鋼の摩耗のしにくさを調べる試験に「大越式迅速摩耗試験機」という試験機を用いられることが多い。これは、試験しようとする熱処理した板状の試験片に回転する試験片を押し付けて、一定時間摩擦させたときの摩耗減量(体積)を測定して耐摩耗性の大きさを評価するもので、この試験機では、その他の条件を同じにしておくことで、摩擦速度だけを変えて試験をして、ある速度における鋼種別の摩耗減量を比較するなどで利用されている。この数値はディメンジョン(次元)を持っているが、他の条件が同じなので、単位をつけない比較数字として用いることができるので比摩耗量といういい方をされる。


↑記事のTOPに戻る