ひずみ取り (ひずみとり)           [h14]

【用語の意味】

矯正。曲がり除去。冷間で加圧して行う方法のほか、様々な方法がある。


【補足説明】

熱処理における熱および変態で生じた変形を修正する操作で、冷間で外力や変形を加える場合や、熱を併用する方法がある。焼戻しを兼ねて行うものを「ひずみ取り焼なまし」というが、この言葉は矯正後に行う「応力除去焼なまし」と混同される場合が多いので、硬さが低下していいのかどうかなど、処理の内容を確認して熱処理依頼するのが良い。

ひずみ取りの方法でもっとも一般的なものは、プレスで押さえる「プレス矯正」、単ロールや多段ロールを用いる「ロール矯正」などのほか、焼入れ途中に金型などで拘束する方法や焼戻し時の組織変化を利用して外力を加える方法(ひずみ取り焼なまし)などが行われる。

ひずみ(曲り)は内部の応力によって生じるもので、それを修正(変形)させるのは応力を変化させることであるので、その後に機械加工などを行うと応力バランスの変化から新たな変形が生じる場合もある。

このため、精密部品などでは、ひずみ取り後に硬さなどを低下させないようにした「低温焼戻し(応力除去焼なまし)」を行う場合もあるが、もちろん、応力除去のために温度を上げることでひずみ(曲り)が発生することもありうる。。


↑記事のTOPに戻る