押し込み硬さ(おしこみかたさ)    [a28]

【用語の意味】

圧子を押し込むときの荷重や押し込みにくさで表現した硬さをいいます。
JISには、ブリネル硬さ。ビッカース硬さ、ロックウェル硬さなどが規定されており、反発硬さを測るショアー硬さとともに、熱処理の硬さ検査に用いられています。

スポンサーリンク


【補足説明】 
ロックウェル試験実施中の例 (ロックウェル硬さ測定風景)

押し込み硬さの試験値は、硬い圧子を荷重をかけて品物に押し込んだ時の深さや圧痕の大きさで硬さを数値化したものです。

一般に使用される試験機の種類として、調質品などの素材熱処理品はブリネル硬さ試験が、その他の高い硬さの工具や機械部品についてはロックウェル(Cスケール)硬さ試験機を用いた試験が行われることが多く、10kg程度を超える大きな品物や異形のものなどはショアー硬さ試験による測定が多いようです。

JISには硬さの測定方法や試験条件等が示されていますが、実際の熱処理品の硬さを指定したり、試験機(または「硬さ」)を選んで最適な測定方法を選択する・・・ということは簡単ではなく、このこともあって、顧客から明らかに適切でないと思われる試験方法を指定されることも多々あります。

このような場合は、事前に打合せをするなどで、他の試験機による結果を「硬さ換算」することになります。

さらに、実際の品物の検査のためには、表面をグラインダーなどでなめらかに仕上げたり、押し込み跡の大きさが問題になることもでてきますので、仕上げシロや測定位置などを事前に打ち合わせすることも考えた置く必要があります。

しかし、硬さ試験における問題などを知って仕様を決めることはかなり専門的なことで、ただ単にJIS規格を理解しているというだけではダメですし、測定経験や熱処理知識がないと難しいものです。

それもあって、ISOやJISの認証を受けた事業所では硬さのトレーサビリティーが確保されているとともに、熱処理や熱処理検査作業が標準化されているので、硬さ試験によるトラブルはほとんど出ない仕組みを構築しています。

また、指定された硬さ試験を行うのが難しい場合などでは、代替の試験機を用いて、その試験結果を硬さ換算表を使って換算することが通常行われており、その場合でも、信頼性が高い方法で問題が出ないように配慮されているのが通例です。

硬さ試験では、品物の表面硬さを測る以外は難しい上に、測定位置が限られた場所になることも多いので、硬さ検査(試験)における不明な点や問題については、熱処理前に打ち合わせるとよいでしょう。

多くは標準的な試験方法として、①ブリネル硬さ試験:10mmの超硬球を3トンの荷重での測定 ②ビッカース硬さ試験:ダイヤモンド圧子を30kgの荷重での測定 ③ロックウェル硬さ試験:ダイヤモンド圧子を150kgの荷重で測定・・・というのが一般的で、その他の条件で試験したい場合は、事前に打ち合わせるとよく、あわせて硬さ換算をしなくてはいけない場合などを事前に確認しておくといいでしょう。
ショアー硬さ試験 実施中の例【参考:ショアー硬さ測定風景】



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る