塩浴熱処理(えんよくねつしょり)      [a19]

【用語の意味】

塩浴炉(ソルトバス)を用いて行う熱処理。

【関連する用語】
ソルト熱処理  オーステンパー  マルクエンチ
【補足説明】 

第一鋼業の高温用ソルトバスソルトバス
塩化ナトリウムや塩化バリウムなどの中性塩(ソルト剤)を加熱して溶融し、そこに品物を入れて加熱や冷却を行う熱処理をいう。
当社では、8基のソルトバスを用いて160℃~1300℃程度に加熱して使用している。
浸漬中は品物が空気と触れないために、酸化や脱炭のない滑らかな熱処理肌になる。ただ、ソルト剤には吸湿性のものもあり、熱処理後に大気中に放置するとさびやすいという欠点がある。
当社の設備は比較的小さなものであるが、この設備の特徴は、品物に応じて温度や処理時間を簡単に変えることができることで、高速度工具鋼の焼入れに広く用いられてきた。しかし近年では、仕上がりの外観の美しさから真空炉で処理される傾向にある。塩浴を用いることで、オーステンパー、マルクエンチなどの恒温処理ができることや様々な温度を変えて熱処理試験することなども安価に行うことができるなどもあって、捨てがたい設備となっている。


↑記事のTOPに戻る